ニュース

ギャラクシーコーポレーション、「GD移籍」公開祝福…ニューヨーク タイムズスクエア「電光掲示板のプレゼント」

歌手G-DRAGONが米国ニューヨークのタイムズスクエアに設置された自身の写真をSNSにアップロードした。国内初のAIメタバース企業Galaxy Corporation(代表チェ・ヨンホ)が旧正月を迎え、米国ニューヨークのタイムズスクエアに設置された電光掲示板にG-DRAGONの所属事務所移籍を歓迎するサプライズ広告を掲載したものである。

韓国時間で10日の真夜中に放送されたこの広告は、ニューヨーク・タイムズスクエア内でも中心に位置するtktsチケットブースやフランシス・ダフィ像付近の建物に掲載された。

この広告は「青い龍の年」である2024年甲辰年を迎え、G-DRAGONの本名であるクォン・ジヨン(ジヨン=’용’は龍)の「龍」とGalaxy Corporation代表のチェ・ヨンホ(ヨンホ=’용’は龍)の「龍」を取り入れ、「DOUBLE DRAGON」をコンセプトにデザインされた。

G-DRAGONは今年1月にラスベガスで開催されたCESに参加した後、ラスベガスのランドマークであり大規模な公演場である「スフィア」で初のAIコンサート公演についての話し合いが進められており、G-DRAGONとGalaxy Corporationが米国市場攻略を本格化する意志と解釈される。

一方、今回の広告はチェ・ヨンホ代表が表紙を飾った米国のグローバル経済専門誌「FORTUNE」の韓国版「FORTUNE KOREA」の2月号のカバーを、G-DRAGONが直接デザインしたことに対する感謝のしるしとされている。

Galaxy Corporationのチェ・ヨンホ代表は「光栄なことに、昨年12月にG-DRAGON様をGalaxy Corporation専属の芸能人として迎え、公に感謝の意を示す機会がなかったのが個人的に残念だった」と述べ、「青龍の年である2024年を迎え、クォン・ジヨンとチェ・ヨンホ、二つの龍が天に昇るように、さまざまな分野での活動を計画している」と抱負を明かした。

RELATED POST